熱中症対策として、雁木による夏の遮熱効果の実証実験

梅雨明けしない7月も半ば。ゴーヤのグリーンカーテンは散水不要で生育中ですが、雨樋からの水が多すぎて生育差が拡大。
雨樋修理が必要ですね。昨年よりは涼しいものの、祇園祭のころには猛暑日になることを期待しています!

日本工業大学建築学科では昨年夏に続き、温熱調査を実施。
熱中症対策として、雁木による夏の遮熱効果の実証実験です。
7月28日~30日の3日間。11時から14時の間。
各15分の歩行、着座、休憩を繰り返して体温測定など。

被験者(健康な成人男性)若干名を募集しています。
詳しいことはお知らせしますが、測定実験協力できる方は、お知らせください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。