町家を改修して住みたい、使いたい方向けの説明会

昨年の報告書の中には、雁木のまち再生が関わる住宅民泊青苧のいえと町の家のほか、世界ノトナリも紹介しました。
今回は住宅として改修する中でDIYに取り組んだ吉田家と町家カフェ1号から発信して、リノベ事例増殖中の打田さんから、今後の展開もお聞きします。

雁木町家の改修と活用に関わっています。この度、建築士会上越支部では「町活」PR事業!として、町家を改修して住みたい、使いたい方向けの説明会を2回行います。
昨年度、上越市の委託で「町家の活用促進に関する調査報告書(町家の改修編) 」をまとめました。その概要版をもとに、空き家探しから、改修のポイント、事例発表もあります。

第1回 10月4日(金)午後1:30~3:30
 事例発表は大町3丁目で空き家改修→移住の吉田さん夫妻
第2回 10月10日(木)午後6:30~8:30
 事例発表は東本町1丁目の町家カフェRe:イエから始まる町家リノベーション実践中の打田亮介さん

写真だけでなく、改修の現場で向き合う様々なハードル?を乗り越えるプロセスなど、語ってもらいます。
主催は上越市で補助支援制度や不動産取引の現状も説明します。一部、専門的な内容もありますが、町家に関心のある方、既にお住まいでリフォームをお考えの方、探している方、空き家の活用をお考えの方にも、役に立つ内容です。ふるってご参加ください。
会場は両日とも、土橋の市民プラザの第2会議室(駐車場有)

<申込み、問合せ先>
新潟県建築士会上越支部
電 話  025-526-0624(正午~午後3時)
FAX  025-530-9019
  E-Mail  j-kentikusikai@bg.wakwak.com
* 空席があれば、当日参加もできます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。